作り手

小名浜美食ホテル

「ハマのグルメとのれん街」がコンセプトの「小名浜美食ホテル」。いわき市小名浜の美しい海を眺めながら海鮮料理やイタリアンが味わえるほか、お買い物も楽しめる施設です。また小名浜美食ホテルでは、長い間途絶えてしまっていたいわきの駅弁を復活させ、いわきらしさを感じさせてくれる駅弁を開発・製造し、市内の常磐線各駅で販売しています。

グルメとショッピングが楽しめる「小名浜美食ホテル」

小名浜アクアマリンパークの一角に2008年にオープンした「小名浜美食ホテル」。環境水族館「アクアマリンふくしま」と観光物産サンター「いわきら・ら・みゅう」に並び、週末ともなれば家族連れなどで賑わういわき市の観光と交流の拠点です。

津波被害から懸命な努力で再オープン

2011年東日本大震災による津波で建物が全壊。施設に入っていたテナント店は、全店舗撤退となってしまいました。 「あの時は、街全体が元気を無くしてしまっていたので、少しでも早く再開をして安心してもらおうという気持ちで必死でしたね。」と話してくれたのは、営業統括部長の田邉千秋さん。店舗を全て自営で運営することにし、スタッフの懸命な努力もあり、その年の12月に再オープンを果たしたそうです。しかし、再オープンしたものの、いわき市全体の人の流れが変化し、以前のような活気は取り戻せませんでした。

「待っているだけではなくもっと積極的に外へ、いわきの食の魅力を発信していかなければ!」田邉さんたちの挑戦が始まりました。そうして生まれたのが、地元の新たな名物「カジキメンチ」です。地元のカジキを使ったジューシーなメンチカツは、日本中の港の美味しいものが集まる「Sea級グルメ全国大会」で優賞を勝ち取り、全国にカジキの魅力をアピールすることができました。

いわきの魅力を食を通して伝えていきたい

「いわきにせっかく来てくれた観光客の皆さんに、よりいわきらしいものを提供したいと思ったんです」と話す田邉さんは、いわき駅で10年以上も駅弁が途絶えていたことに着目。JRいわき運輸区、JR水戸支社の協力を得て、駅弁を復活させるため駅弁事業を始動。いわき名物となるような駅弁開発に取り組みました。平成28年よりいわき市内常磐線各駅で6種類の駅弁の販売が開始。うにが贅沢に乗った「うに貝焼き食べくらべ弁当」や「小名浜名物 カジキソースカツ丼」など、いわきらしい食材にこだわった駅弁は、県内外の方から好評を博しています。

小名浜美食ホテルでは、冷凍『カニピラフ』・『ウニピラフ』も厨房で一つひとつ丁寧に手作りしています。出来立てをそのまま急速冷凍しているので、自宅でも美味しさそのままに楽しむことができます。 いわきの海の幸の魅力がたっぷりと詰まった「小名浜美食ホテル」の逸品をぜひご賞味ください。

店舗情報

会社名
株式会社アクアマリンパークウェアハウス
住所
福島県いわき市小名浜辰巳町43-9
TEL
0246-54-3409
営業時間
10:00~19:00       
代表者
鈴木泰弘

販売店

小名浜美食ホテル、ほるる売店、他

商品一覧

殻ごとカニが入っているのでボリューム満点。

小名浜美食ホテル謹製
カニピラフ

¥1,320

いわき名物”うにの貝焼き”を盛り込んだ贅沢な逸品。

小名浜美食ホテル謹製
ウニピラフ

¥1,320

ページトップへ