作り手

福島県漁業協同組合連合会

福島県沖は、親潮と黒潮が混じり合う栄養豊かな「潮目の海」。「福島県漁業協同組合連合会」は、この豊かな漁場に恵まれた県内の各漁業協同組合により組織された協同組合連合会です。購買・販売事業の他、漁業を通じて、よりよい社会を築くこと、また、青く美しい海と豊かな海の幸を次の世代に繋げるために様々な活動を展開しています。
震災後の漁業の実状と取り組みを「福島県漁業協同組合連合会」業務部長竹永茂夫さんに伺ってきました。

操業自粛を乗り越え試験操業へ

福島県沖は黒潮と親潮が出会う、潮目の恩恵を受けた豊かな漁場で、東日本大震災前の港ではカツオやヒラメを初め、約200種類の魚介類が水揚げされていました。原発事故の影響により、震災後は漁業の操業自粛を余儀なくされましたが、2012年に試験操業として沿岸漁業を再開し、現在、出荷制限のかかる指定魚種は僅少です。

風評被害を払拭するため商品展開

風評被害により、福島の魚が市場で敬遠されてしまう時期がありました。そこで「小名浜港で水揚げされたカツオは安心・安全だと理解してもらおう」と商品化をしたのが「かつお浅炊き」シリーズ。小名浜港で水揚げされたカツオを原料とし、若い世代の魚離れにも対応。簡単に調理ができ、手軽に魚が食べられるようにと工夫されたファストフィッシュ商品です。また、イオンの協力の元、福島県で水揚げされた新鮮な魚を食卓へ届けようと、首都圏のイオンで「福島鮮魚便」を展開するなど、常磐ものの美味しさを伝えるために尽力し続けています。

常磐ものの安全性と美味しさを伝えるために

取材の最後に、「今後どのように福島の海をアピールしていきたいですか」と質問をしたところ、「やみくもに福島の魚は安全ですと言うことではなく、化学的根拠に基づいた安全性を伝えて行くしかないです」と話す竹永さんの姿が印象的でした。福島県の漁業は苦しい状態が続きますが、海の恵みを守り、次の世代へ引き継いでいくために、科学的に基づく安全性を確保し、豊かな福島の海を取り戻す活動を続けていきます。 福島の海自慢の常磐もの商品をぜひご賞味ください。

店舗情報

会社名
福島県漁 業協同組合連合会
住所
福島県いわき市中央台飯野4-3-1福島県水産会館
TEL
0246-28-9335

販売店

ほるる売店、他

商品一覧

ツナ缶のように様々なお料理にお使いください。

福島海の宝かつお
フレーク

¥150

お子様にも好まれる、バター醤油風味に仕上げました。加熱不要。

かつお浅炊き
バター醤油風味

¥320

カツオ料理の定番である、生姜をベースにあっさりと味付け。

かつお浅炊き
ジンジャー風味

¥320

さっぱりとお召し上がりいただける、大根おろし煮に仕上げました。

かつお浅炊き
おろし煮

¥320

ページトップへ