作り手

上野台豊商店

「上野台豊商店」は、親潮と黒潮がぶつかる「潮目の海」を持ついわき市小名浜で、サンマを使った加工品を主に製造しています。郷土料理「さんまポーポー焼き」や小名浜発祥の「さんまみりん干し」を商品化し、小名浜の食文化を再生させたいと様々な取り組みを行う3代目の上野台優さんに、地元小名浜や商品にかける想いを伺いました。

食卓に魚のある風景を取り戻したい

港町として知られる小名浜は、サンマ漁やカツオ漁が盛んで、各家庭の食卓には、夏にはカツオ、秋にはサンマが毎日のように並びました。しかし、震災と原発事故、漁師の高齢化による人手不足が重なり、水揚げ量、流通量ともに大きく下降。上野台さんは、「このままでは小名浜の豊かな食文化を未来へ引き継いでいけなくなるのでは」と危機感を持ったそうです。

思い出の味、小名浜の郷土料理を若い世代にも

実は、子どもの頃は魚が苦手だった上野台さん。そんな子ども時代でも好物だったのが、祖母が作る「さんまのポーポー焼き」でした。サンマのすり身にしょうが、ネギ、味噌などを混ぜ込んで、小判のように丸めて焼いた小名浜発祥の郷土料理で、元々は漁師料理として食べられていました。船の上で焼くとサンマの脂が炭火に落ちて「ポーポー」と音を立てたことから「ポーポー焼き」と名前がついたのだとか。「思い出の味を、魚離れしている若い世代にも小名浜の文化として届けていきたい」と、市内の水産業者、卸問屋、加工業者などの企業と連携し、サンマを使った小名浜の郷土料理を商品化していきました。

美味しさの秘訣は「鮮度」

上野台さんが商品開発にこだわったのは鮮度。小名浜で水揚げされた上質なサンマを24時間以内に加工することを徹底しています。そうすることで、臭みが抑えられ、舌触りが良く、子どもが食べても美味しいすり身になるのだとか。
「今は地元でも「さんまのポーポー焼き」って何?という世代がいるほど、食卓に上がる機会がなくなってしまいました。昔から愛されてきた小名浜の味を家庭料理として復活させていきたいです」。

ポーポー焼きを食べてみると、サンマの旨みが口いっぱいに広がりました。小名浜が誇る伝統の郷土料理をご家庭でぜひご賞味ください。

店舗情報

会社名
有限会社 上野台豊商店
住所
福島県いわき市小名浜字辰巳町33-2
TEL
0246-92-2613
代表者
上野臺 優

販売店

上野台豊商店、ほるる売店、他

商品一覧

サクッと香ばしい洋くるみと小魚の佃煮。

さんまポーポー餃子

¥500

さんまは昔ながらの手作業で、女工(職人技)さんが、1枚1枚、丁寧に開いています。

さんま開き干し

¥400

厳選した新鮮なさんまを唐辛子の入った秘伝のタレに漬け込みほどよい辛さに仕上げました。

さんま南蛮漬

¥300

頭のほうはカリっとした食感と塩気を、身のほうはプリッとした食感と脂の甘味を味わうことができます。

めひかり開き干し

¥900

さんまのふわっとした食感を最大限に引き出しました。

さんまふわっとみりん干し

¥400

水揚げ後24時間以内に加工することで旨味と鮮度をすり身に閉じ込めました。

さんまポーポー焼き

¥400

ページトップへ